イタリア封鎖緩和となり初めて友人たちとビーチ(とはいっても湖畔)で朝のお茶をしました。

新ルールでは対人距離を1m取ればいいということで、うちの家族と友人一人、もう友人家族で、3レジャーシートを敷いての朝のお茶会。(カフェは開いてないので持参です)

 20200522 121

うん、なんか微妙な感じですね(汗)。

まあ、これがこれからの人に会う時の新しいスタイル、この新時代の流れに慣れるしかないのです。

平日ですが、午後からは結構人が込みだすということだったので、それを避けるために朝からお茶にして正解でした。木陰のベストスポットも取れたし、25m四方には誰もいませんでした。でも、昼近くになってくると人がぞろぞろ、それも私達との距離も気にせず、すぐ隣にレジャーシートを敷いてくる家族がいて、なんかモヤモヤ。カラ咳しているおばちゃんもいたしね(汗)。・・・うん、近いよ(汗)。

この家族の参入によって、私たちは退散です。・・・おばちゃんの咳、これを狙ってわざとだったりしてね(汗)。

今日、お茶をした友人はイタリアの緩和ルールに精通している人で、彼女から緩和の「新ルール」についていろいろと聞けて助かりました。

そこで一つ、私の前回119話の記事に間違いがあったことが分かりました。

20200506 105
それは、家で会える人が家族・親戚とソウル・メイト(親友?)のみと言ったんですけど、このソウル・メイトは間違いで、「内縁関係にある人・愛人・婚約者等」を意味するとのことです(汗)

「強い絆で結ばれた関係の人」って、そういう意味だったんですね(汗) 「親友」という意味ではなかったようです。

でもこれで言うと、娘の誕生会に友達を呼ぶのはアウトですよね!(前回の119話にて)

ただ、今週から「マスクを付けていれば、家族・愛人以外の訪問も可能」なったので、マスク着用で友達を数人呼ぶのはセーフとのこと。でも、誕生会はレクリエーションの類に分類されるだろうし禁止されている項目なので、公式には「誕生会」と言えない名無しの集まり6月の完全解禁日まで続きそうですね(汗)

この室内・マスク着用ルールのことですが・・・人の家でマスクをずっと着けておくなんてこと、警察も取り締まることはできないし、結果、かなりの人が守らないような気がします(特にイタリア人ね)。実際、うちから丸見えの隣近所の家の訪問者たちを見る限りでは、マスクをしている人を見たことないので、そういうルールがあった事すら知りませんでした(このルールでの室内の定義はスーパーや公共の施設のことだと思っていたので、汗)。

もう一点、新ルールで勘違いしていたことは、マスクは外出時どこにいても着用しなければならないものだと思っていたところ、対人距離がきちんととれていれば、屋外ではマスクなしでも許されるようになったことです。ただ、この新ルールを知らない人が多いのか(私達みたいにね)、マスクできっちり身を守りたい人が多いのか、今現在は外を出歩いている人の大半がマスクしている状況です。警察もよく取り締まりしているので、「とりあえず着用」という人が多いのではないかと。

次々に変わっていく新ルール、よほど自分で積極的に調べるタイプの人でないと、ついていけないものです(汗)

ここのところ、イタリアのコロナによる新規感染者数と死亡者数は、きれいな減少曲線を描いています。このまま行くと、あと一か月程度で収束しそうな減少速度に見えます。今のところ、第2波の予兆は(まだ)見られませんが、今日のビーチでの人の状況等から考えると、今後、夏になってビーチで人が混雑するようになると再び感染拡大が始まるのかもしれません。この対策としては、警察の厳しい取り締まりに期待するしかないのかなと。罰金性にすれば効果てきめんなんですけどね。とりあえず、うちは今年ビーチには極力いかないようにするつもりです(朝、超早起きできたら行くとかね)。

私はもともと、夏に人がイモ洗い状態になるビーチは好きではないので、これを機に何らかのルールができて(予約制や曜日で入場制限をするとかね)、ビーチでも快適な空間が保たれるようになることに期待です。

今、このビーチ制限のアイデアから派生して思ったことなんですが、ディズニーランドも完全予約制で人数制限をかなり低い数に設定して(どのアトラクションも待ち時間ほぼなしにくらいの設定で)再開してくれたらいいなと思ったところ。これだと、私みたいに待ち時間が耐えられなくて今まであまり行きたいと思わなかった人にも、かなり魅力的な場所になりそうです。予約に何か月待ちとか時間がかかってもいいので、並ばないディズニーランド・・・素敵ですよね。

以上です。